介護が必要になったら

風呂介護の種類について

風呂の介護にはいくつかの種類があります。
老人ホームや通所介護施設では事業所のスタッフが利用者の状態に合った風呂介助を行い、利用者の清潔や健康を保持します。
昨今、自宅での入浴を希望する人が増えています。
家族の介護者だけで高齢者や障害者を入浴させる事は非常に大変です。
訪問入浴を活用し、専門のスタッフが利用者の自宅まで行き、自宅のお風呂に入れ、入浴のサポートを受ける人が増えています。
訪問入浴や施設での入浴サービスが充実した事によって介護者の身体的な負担は減りました。
反面、とにかく利用者を風呂に入れる事が優先され、その他の部分は蔑ろにされているケースもあります。
専門のスタッフは入浴介護にあまり時間を取る事が出来ないです。
なぜなら、利用者の数が年々増加し、時間をかけ過ぎるとすべての人のニーズをみたす事が出来なくなるからです。
これの普及、発展によって利用者の心身の清潔、健康を長期間にわたってまもる事が可能になりました。

介護施設でのお風呂の種類と入浴方法

介護施設では、様々な身体状況の入居者が生活しています。
昔ながらの自宅の風呂場の浴槽は、比較的深くてまたぎにくい為に、高齢者にとってはとても危険な場所となっています。
介護施設では、様々な入浴方法を入居者の身体状況に合わせて選ぶことが出来ます。
例えば、自分で入浴することが可能な自立している入居者には、浴槽の浅くて床も滑りにくく工夫された浴室があります。
浴槽内の深さが二段階になっているなど、入浴しやすい工夫もされています。
車椅子での生活が中心の入居者には、座位入浴が出来るチェアー浴があります。
車椅子から専用のシャワーチェアーに移動して、そのままの姿勢で湯船に浸かることが出来るようになっています。
要介護度が高い寝たきりの方には、リフト浴がおすすめです。
浴室内などでリフトに移動して、リフトを昇降して入浴する装置です。
寝たきりの方でもお風呂に入って清潔が保たれるようにと、介護施設ではこうした様々な入浴装置を利用して入浴介護をしています。

pickup

最終更新日:2017/12/27

Copyright (C) 介護問題 All Rights Reserved.