介護が必要になったら

介護保険制度について

昨今の急速な高齢化に伴い介護保険制度を利用する人の数は増加しています。
利用者の増加によって財政状況が苦しくなり、サービスの質と量が年々低下し、介護を必要とする人やその家族を支えるはずの介護保険制度が彼らを苦しめる状況になっています。
現在の制度は認定の区分が高い人ほど多くのケアを受ける事が出来ます。
しかし、その区分が高くなくても個人や家庭の事情等でより多くのサービスを必要とする場合もあるのですが、区分で厳格に線引きされ、介護で苦しむ家族や必要なサービスを受ける事が出来ない人が増えています。
現在の介護保険制度は在宅でのケアを中心に考えているものです。
すべての人々が住み慣れた地域でターミナル期まで過ごせるわけではないです。
非常にバランスの悪いシステムになっています。
関係する人々の肉体的、精神的な負担だけではなく、経済的な負担も増加させています。
利用者の急激な増加に十分に対応する事が出来ていないです。

介護事業所における保険加入

介護事業所は必ず事業をスタートするときに、賠償関係の保険に加入をしなければなりません。
行政への新規開業届を提出するときに、万が一介護サービス提供中に介護利用者に対してけがをさせたりあるいは物損をした際の、賠償を行えるようにするものです。
この保険に加入をしていることを証する加入に関する保険証書または、加入申込書等の写しを添付させて、行政機関は確認を行うのが常です。
万が一の際にも、こうした保険に加入をしておくことで、賠償責任における金銭面での損失から免れるとともに、損害を与えてしまった介護利用者に対して賠償がしっかりとできるようにしておくことは、事業者の責任であることはいうまでもありません。
利用者は、万が一にもあってはならないことですが、介護を利用している際のけが等に関して、泣き寝入りをしなければならないといった事態は避けられるようになっています。
安心してサービス提供を受けられることで、状態の改善等につなげていくことになっていくわけです。

注目サイト

カルティエのバロンブルー買取

Last update:2017/6/8

Copyright (C) 介護問題 All Rights Reserved.